Since the case of Doxy Watch is hand-polished, it takes time to deliver the product. Please note that it will take about a month.
0 Cart
Added to Cart
    You have items in your cart
    You have 1 item in your cart
    Total

    『ダックスフンドといえばヘルニア』というイメージをお持ちの飼い主さんも多いと思います。ミニチュア・ダックスフンド含めダックスフンドは椎間板ヘルニアになりやすい犬種です。

    椎間板ヘルニアになると、痛みや神経の圧迫により歩行障害が生じたり、最悪命を落としてしまうこともあります。 この記事では、ダックスフンドの椎間板ヘルニアについて、

    • 原因とは?
    • どんな症状がみられるの?
    • 治療法や予防法とは?

    などをお伝えしています。

    ダックスフンドを飼育している飼い主さんは、ぜひ読んでみてください。

    ※この記事では、ダックスフンドがよくなりやすい胸腰部の椎間板ヘルニア(腰のヘルニア)を中心に解説しています。

     

     

    ダックスフンドはヘルニアになりやすい犬種~原因とは?

     

    ダックスフンドは『椎間板ヘルニア』になりやすいといった特徴があります。 その理由として、『軟骨異栄養犬種(なんこついえいようけんしゅ)』という、若いときから軟骨の変性を起こしやすい犬種だからです。

    背骨の骨と骨の間には、クッションの役割をしている椎間板という軟骨があるのですが、これが変性して、その上を走っている神経を圧迫してしまうのです。

    椎間板ヘルニアはまた、加齢にともなって発症することもあります。

    発生部位としては、頸部で約27%、胸腰部で73%と、腰で発生するヘルニアが多い傾向です。

    ダックスフンドは、胴長短足という腰に負担がかかりやすい体型をしているため、より椎間板ヘルニアになりやすいです。

    ヘルニアの症状とは?

     

    胸腰部の椎間板ヘルニアの症状として多いのは、『後ろ足の麻痺』です。

    突然、後ろ足に力が入らなくなったり、ふらついたり、立てなくなったりすることが特徴です。

    「震えている…」「背中を丸めている…」といった症状のみのときもあります。

    症状が重度の場合には、前足や呼吸器にも影響が出て、亡くなることもあります。  

    頸部のヘルニアの場合には、

    • 首を下げている(頸部痛のため)
    • 四肢の歩行異常
    • 知覚過敏
    • 筋緊張
    • 横臥位姿勢(横倒しになっている)

    といったことがみられます。

    前足にも症状がみられることが特徴です。

      いずれのヘルニアだとしても、麻痺している足に傷ができてしまったり、便や尿などの排泄のコントロールが難しくなってしまう場合もあります。

    それに際して、皮膚炎や褥瘡ができてしまったり、膀胱炎になることもしばしばです。

    ヘルニアの治療法~内科療法と手術

     

    椎間板ヘルニアの治療法としては、まずは安静にすることが大切です。『ケージレスト』といい、小さなケージで運動制限をする方法です。

    ※体位の変換ができる程度で、歩いたり跳んだりができないくらいの大きさのケージを使用。

    また、鎮痛剤や消炎剤(ステロイドやNSAIDs、オピオイド系鎮痛薬など)を投与しつつ様子をみるようになります。

    炎症がひくと、ケージレストや内科療法のみでよくなることもしばしばあります。

    改善がない場合には、麻酔をかけてMRI検査を行い、外科手術によって原因となっている椎間板物質を摘出するようになります。

    術後は、筋肉のマッサージやリハビリを通して、経過をみていきます。施設によってはプールでの歩行訓練や、バランスボールなどを用いたトレーニングができるところもあります。

    ただ、実際は、主に自宅で行っていきます。

    自己判断でのマッサージは、かえって症状を悪化させる可能性があるため、リハビリ方法は獣医師にしっかり聞くようにしましょう。

    なお、治療によって症状が改善した場合でも、再発することがあります。定期的に動物病院を受診し、日常的に変化の有無を確認しましょう。

    治療費用はどれくらい?

     

    内科療法のみであれば、数千~数万円程度の場合が多いです。

    外科手術を行う場合には、重症度によって異なりますが、入院も含めて30~50万円程度かかることもあります。

    術前のMRI検査についても、10万円程度かかることが予想されます。

    具体的な費用は動物病院や検査施設によって異なりますので、前もって主治医の先生に確認するようにしましょう。

    ヘルニアの予防法とは?

     

    椎間板ヘルニアを予防するためには、
    • 太らないこと
    • 床を滑らない材質にすること
    • 段差をなくすこと

    などが重要です。

     

    太らないこと

    太ってしまうことで、首や腰に負担がかかってしまいます。そのため、太らないように管理をする必要があります。

    体重の管理は、食事量を減らすことにて行います。犬は運動のみでやせることはできないので、必ず食事で調整をしましょう。

    ただ、空腹で吠えてしまったり寝れない子もいるので、その場合には、減量食に変更するようになります。

    減量食は『かさまし』をしているため、ある程度の量を食べることができ、空腹を改善できます。

    また、ウェットフードなら腹持ちもよく、ダイエットには大いに役立ちます。野菜やおからなどで食事量を増やしてあげてもいいかもしれませんね。

     

    床を滑らない材質にすること

    フローリングのご家庭は多いと思いますが、これは滑りやすく、椎間板ヘルニアを引き起こす可能性があります。

    ダックスフンドは遊んだり運動が大好きな犬種なので、はしゃいでしまって転倒するシーンがよくあります。

    カーペットや滑りにくくするマットなどを、愛犬がよくいる場所に敷いてあげるといいでしょう。

     

    段差をなくすこと

    ソファーやベッドから飛び降りたら、腰を痛めてしまった…と言うことも多いです。

    家の中の家具については見直しが必要かもしれません。段差の少ないものを選んだり、スロープを付けたりしてもいいでしょう。

     

    【まとめ】ダックスフンドはヘルニアになりやすい!症状や治療・予防法を解説

    ダックスフンドは椎間板ヘルニアの好発品種です。

    後ろ足の麻痺やふるえ、ふらつきなどはその症状の一つです。

    安静にし、鎮痛剤や消炎剤などの投与で経過をみますが、良化しない場合には、手術の適応となります。

    太らせない、住環境の改善がヘルニアの予防には大切です。 いま一度、愛犬の生活を見直してみましょう!

     

    参考資料

    • 辻本元,小山秀一,大草潔,中村篤史,犬の治療ガイド2020,EDUWARD Press,p578-p584

    著者について

    犬や猫を診察する動物病院で獣医師として8年勤務。その後Webライターやペットの相談業務などに従事。

     

    English
    Language
    English
    • English
    • 日本語
    • 繁體中文
    Currency